病院のご案内

ひまわりの心でさらなるご満足を

小阪産病院の歴史

小阪産病院のルーツは、
川向うの延命寺さん

昭和6年7月10日、東大阪市菱屋西3丁目に産声をあげた小阪産病院。今年で創立86年になります。もともとは、近くにあった延命寺の住職、大前聖順師が創設した「小阪産院」を、竹村秀雄理事長の父、初代院長の竹村直治が譲り受け、「小阪産病院」として引き継いだものです。

小阪産病院の歩み

     
1931年初代院長・竹村直治 小阪産病院を創設
1940年産婦人科竹村病院を上本町7丁目に開設
1951年 医療法人竹村医学研究会(財団)設立
1965年 道路拡張の為竹村病院をそのまま移動、竹村産婦人科とした。
小阪産病院南館鉄筋4階建を建設(45床)
1968年 竹村産婦人科を閉院(上本町)
1969年 竹村志づゑ理事長、竹村秀雄院長就任
1970年 タナックマークカードシステムによる周産期データベース開始
1972年 分娩監視装置導入
1974年 竹村秀雄院長、大阪産婦人科医会理事就任
1975年 超音波検査開始
1976年 地下1階地上3階建北館増築(61床となる)
血液ガス分析開始
1978年 桶谷式乳房マッサージ開始
1980年 レセプトコンピューター導入
ラマーズ法による安産教室発足
1981年 小阪産病院創立50周年
1986年 院内誌『ハートタイムス』創刊
1989年 いきまないお産開始
10回胎動カウント開始
HIS研究会加入
1990年 スタイリングルーム開設
1991年 小阪産病院創立60周年
第8回HIS研究会主管
マタニティビクス開始
1992年 SMC方式乳房マッサージ導入
両親学級開始
1993年 受付改装
1994年 竹村志づゑ会長、竹村秀雄理事長就任
基準看護承認
お祝いディナー開始
1995年 増改築工事着工
1996年 小阪産病院創立65周年
患者食堂増築
助産師外来の開設
LDRの導入(5室)
個室での母子同室開始
院内PHSシステム導入
新看護2.5対1認可
選択食開始
年報発行開始
薬剤指導管理業務開始
1997年 竹村秀雄理事長、日本産婦人科医会副議長就任
第19回HIS研究会主管
インターネットホームぺージ開設
院内LAN導入
4人室での母子同室開始
増改築工事完了。LDR合計5室へ
ソフロロジー教室開始
1998年 朝食バイキング開始
第46回産婦人科情報処理研究会主催
1999年 日本医療機能評価認定
バースプラン導入
2000年 クリニカルパス導入
2001年 小阪産病院創立70周年・記念イベント「すこやか小阪2001」を開催
竹村秀雄理事長、日本産婦人科医会議長就任
スタイリングルームにて、フェイスエステ開始
サークル発足
産後家庭訪問開始
増改築工事にてLDR合計6室へ
院内保育所開設
赤ちゃん外来開設
アロマセラピー開始
2002年 ロイヤルホテルよりシェフ出向
2003年 オーダリングへ向けたプロジェクトチーム結成
感染予防対策へのトータルサポートシステムを構築
母子同室推進開始
血液検査結果を即日可能に
2004年 日本医療機能評価機構再認定
外来オーダーエントリーシステム導入
外来診療予約制を開始
2005年 平岡仁司院長就任
院内誌「ハートタイムス」発刊20周年達成
保育所NPO法人たまごママネット「ポポくらぶ」スタート
研修医協力病院として研修医の受け入れ開始
2006年 小阪産病院創立75周年・記念イベント「すくすく小阪2006」を開催
「ポポくらぶ」すくすくプラザ小阪へ移転 妊婦ヨーガ教室開始 ベビーマッサージ教室開始
「マタニティーカーニバル2006」開催協力(国際交流センター)
新看護基準7:1看護認定
DPC準備病院として登録
新・周産期データベース運用開始
2007年

竹村秀雄理事長、日本産婦人科医会副会長就任
院外処方箋開始
「マタニティーカーニバル」開催協力開始(国際交流センター)
地域医療連携室開設

2008年 「マタニティーカーニバル2008」開催協力(グランキューブ)
DPC対象病院認定
2009年 「マタニティーカーニバル2009」開催協力(ATC)
当院のクレド「Himawari」が誕生
第1回 TQM大会開催
当院のOB会「ひまわりの会」発足
2010年 日本医療機能評価機構再認定(ver6)
ホームページ更新
2011年 小阪産病院創立80周年
「マタニティーカーニバル2011」開催協力(インテックス大阪南港)
2013年 竹村秀雄理事長、産婦人科医療功労者として厚生大臣表彰
旧すくすくプラザ跡地に新病院建設着工
2015年 小阪産病院 新病院完成
小阪レディースクリニック開院
産後ケアセンター小阪開院
Garden cafe oasis オープン
2016年 小阪産病院創立85周年
日本医療機能評価機構再認定(3rdG:Ver.1.0)
2017年 平岡仁司 名誉院長就任
竹村真紀 院長就任
ホームページ更新(スマートフォン向けリニューアル)
2019年 越智 博 院長就任
竹村真紀 副理事長